So-net無料ブログ作成

関係代名詞のthatは使えない場合があるので要注意。 [よく間違える類似表現集]

スポンサーリンク




最近TOEICの問題集を解く機会があり、やっていたところ、お恥ずかしいお話ですが、タイトルにあるとおり、関係代名詞のthatが使えない場面があるとのこと。

言われてみれば、高校時代?だったかそんなことを言われたような。。。

で、今一度見直してみました。

簡単にポイントだけ言うと、

1) thatが前置詞の目的語になるときは使えない。

in which や on what など。

2) 非制限用法では不可

ざっくりいうと、「, 」の後にthatは使えない。

非制限用法ってなんだ?と思いますが、

787ccddcba0f1f45d3013509a00177f2_s.jpg

非制限用法とは、先行詞の集合(カンマの前)から、特定のものを選択・限定することはせず、情報を後から追加するものをいうそうです。 

とくに2つ目については、完全に記憶にありませんでした( 一一)。

関係代名詞のthatの使い方については、以下のサイトが非常によくまとまっています!

私がここで説明するよりはよっぽどいいかなと思って、リンクを張らせていただきました。

高校生向きのサイトですが、ぜひ一読することをお奨めします。

RAVCO 関係代名詞:that の用法

関係代名詞の that が好まれる場合なんかも記載されており、非常に有意義ですよ。

文法も1つ1つ薄皮を剥ぐように、やっていくしかないと思っています。

来月のTOEICまであと1カ月ちょっと。

気合いを入れなおして頑張っていきます。 

ブログランキング参加中


にほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ
にほんブログ村




スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。