So-net無料ブログ作成
検索選択

QQイングリッシュのレッスン予約はとりにくい? [カランメソッド(QQ English)]

QQイングリッシュでカランメソッドをはじめて、はや3ヶ月半。。。

週に5日はレッスンを受けており、最初の目標である英語のレッスンを日常生活の一部に!というのは、どうにかクリアできた感じです。

QQイングリッシュは今やネット英会話では最大手?のようで、かなり受講生がいるみたいです。

オリコンでも1位を獲得していましたし、アルクとも提携しており、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いです。

で、よく聞かれるのが、QQイングリッシュは生徒数がかなり多くて、レッスンがとりにくいという噂、評判です。


はたしてどうなのでしょう?

私の経験から暴露させていただきますと、授業自体とれないことは「ありえない」です。

講師もどんどん補充しており、かなりの数の先生がいます。

はっきりと聞いてはいませんが、数百人はいます!


ちなみに今日の夜(20時から24時)、レッスン取得可能な講師は何人いるか見てみたところ、なんと110人ぐらいいました!

なので、レッスンがとりづらいということはありませんので、ご安心してください。

ただ、ただですね、、、、

ここからがある意味本題かもしれませんが(^_^;)、長く受講していくと当然お気に入り講師が何人かできます。

自分と合う、合わないがあるとはいいつつ、いい先生の授業は人気が高く、みんなこぞって予約をするので、更新時などはものの10分前後で完売状態です。

なので、お気に入り1人だけだと結構つらいので、何人か、できれば3、4人はお気に入り講師を確保しておくことをお勧めします。

そうすれば、いずれかの先生は必ず予約ができると思いますので。

また、講師もどんどん増えているので、色んな先生を受けてみて、お気に入りを発掘することは継続的にやるべきだと思います。

あらたな出会いもあって、楽しいですし、特定の先生ばかりですと、ヒアリングなどでいろんな人の英語を聞き取ることがしづらくなりますから。

あ、あと、人気講師だから料金が高いんじゃない?と心配する人もいるかもしれませんが、そんなことないです。

私の一番のお気に入り先生は、30分で50ポイントなので、かなりリーズナブルです。

おそらく大半の先生は1レッスン50ポイントか25ポイントの先生ですよ。

百聞は一見にしかずなので、気軽に受けてみることをお勧めします。

ではでは、今日はこのあたりで。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

full book revision ならぬ、full book dictationをやろうか考え中。 [カランメソッド(QQ English)]



callan method、順調にやっています。



もうすぐ、stage3が終わりそうです。

所用時間は現時点で26時間15分です。



これが長いのか短いのかは、正直よくわかりません(^_^;)。



カランメソッドをやっている人が増えているので、ネットで検索すれば自分の立ち位置(レベル)がわかると思うのですが、今までの経験上周りのひとを気にしたところで自分のレベルが上がるわけでもなく、一喜一憂したり、他人の情報に振り回されるのは嫌なので、独立自尊でわが道を行っています。



経験上、やるまでは徹底的に調べ、いざこれがベストとその時点で判断したら、あとはよそ見をせずに突き進む、これが全てに共通した成功法則だと思います。



ちなみカランメソッドのカリキュラム上は、ステージ12まであり、全体からみるとやっと14.16%が終わったところです。

先は長いですね。





話はそれましたが、stage3が終わるに際して、当然ですがどんどん難しくなってきました。



復習をしっかりやっておかないと、いつまでたっても前に進めなりそうなので、復習方法を工夫しなければと思っています。



今は、カランメソッドの音声を(http://callan.co.uk/book-shop/)から手に入れてひたすら通勤時などに聞いて、自分で復唱しています。

もちろんテキストを声を出して読んだりもしています。



それでも長文ですと、なかなか記憶が定着しないので、何か打開策は?と思ったのが、full book dictationです。



前にもご紹介した下記のICレコーダーは非常に秀逸で、音声を倍速で聴けるのみならず、スロー再生も可能なんです。





★5/26am9:59迄エントリー&5000円以上購入でポイント2倍★【Joshinはネット通販部門1位(アフターサービスランキング)日経ビジネス誌2013年版】PJ-35【税込】 オリンパス ラジオサーバーポケット OLYMPUS [PJ35]【返品種別A】【送料無料】【RCP】




そこで、超スロー再生の音声を聞きながら、書き取り(といってもキーボードですが)をすれば、かなり有意義かなと思っています。

あの手この手でなんとか授業のペースを維持したいので、トライしてみる価値はあると思っています。

一見大変そうですが、1レッスンあたり、5分程度の音声なので、1/2のスピードでも10分程度なんですよね。

なので、決して無謀ではないと思っています。



また、今後ライティングスキルアップを考えても、下手に別の教材などに手を出すよりは、よほど効率がいいと思っています。



ではでは、おいおいまたfull book dictationの結果をアップしますね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。