So-net無料ブログ作成
検索選択
効率的英語勉強法 ブログトップ

英語が早く上達するには○○○ー効果が必要だと思うんです。 [効率的英語勉強法]

来月のTOEICテストに向けて、日々勉強しています。

前にも書きましたが、今回TOEICテスト対策の1つとして、英単語の勉強を毎日しています。

これを使ってます↓


一日2000語を一回転させるという結構ハード?な感じもしますが、エビングハウスの忘却曲線の理論に基づいたものでなるほどぉと納得してしまう勉強法です。

そんな中

もっと見る。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

英語学習教材は選択肢が多すぎる。ぶれない教材の選び方 [効率的英語勉強法]

今月来月はTOEIC月間ということで、いつものカランメソッド勉強は続けつつも、ちょっとIDIYはお休みしています。

空いた時間でTOEICの英単語やパート7対策をやってます。

が、ネットなどを見ていると、魅惑的な広告がたくさんあるんですよね。。。

聞くだけでいいとか、81の構文で英語が喋れるとか、●●式とか、本屋さんにいくとなおさらTOEIC対策の本が腐るほどあって、いつも目移りしてしまいます。

でも、

もっと見る。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

IDIY毎日英作文のコツ。 [効率的英語勉強法]

最近、speakingとlisteningは、QQイングリッシュ、writingはIDIYでほぼ毎日やっています。

IDIYは非常に有益で、これがたったの233円なの!?とびっくりするぐらいのサービス内容です。

私は自由英作文や英文日記を毎日書いて、ネイティブの講師に添削してもらっています。

ネイティブ講師なので当然添削はすべて英語なので、ひいてしまうひとがいるかもしれませんが、全然問題ないです。

単語も覚えてしまえば、苦も無くreadingの練習にもなります。

で、ここからが本題。

漠然と英作文を書いていては、いつのまにかいつも同じような内容や同じような構文、単語ばかり使うようになってしまいます。

なので、IDIYが用意してくれた課題をやるのもいいですが、私のお奨めは以下の構文を必ず1つ使って英文を作成すること。
ステップ英語の構文 −基礎をかためる132パターン

この英語の構文は高校生用?かと思いますが、とにかく薄いし、最小限のことしか書いていないので、非常に気が楽です。

変に分厚いと全部習得しようと、無理をしてすぐにtoo muchになってしまうので、薄いのが一番。

1ページにつき1構文なので、ぱらぱらとめくって適当に開いたページの構文を今日は使おうと決めて英作文を作るのがお奨めです。

よく暗記するまで何度も書け!とか、何度も音読しろ!という人もいますが、私はあまりお勧めできないです。

構文を使って、自分で頭を使って、自分の言葉に落とし込んで書く、

これは思いのほか頭を使うので、記憶の定着にはもってこいです。

一度使った構文にはしるしをつけておいて、重複しないようにも気を付けています。

132構文もありますが、あっという間です。

それにIDIYは講師の添削結果をPDFでDLできるので、私はこれをプリントアウトして、ポイントのみ色を付けるなりして、持ち歩いています。

そうすれば、あ、あのとき同じような言い回しを使ったけどどうだったっけ?と思いだす材料になりますし、暇なときぱらぱらみるだけでも勉強になります。

講師の添削が英語なので、readingの勉強にもなるので、まさに一石二鳥です。

ぜひためしてみてください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

カラン・メソッドと英単語英熟語の勉強の葛藤 [効率的英語勉強法]

最近、地道に英単語英熟語のボトムラインの引き上げを行っています。

使っているのは、これ↓


DUO 3.0



DUO 3.0 / CD基礎用


正直かなりいいです。
特にCDがシンプルで、日本語文→英文→単語→英語natural speed なので、非常にわかりやすく、自分でも英作ができるんです。

約600文あるうちやっと130文ぐらいまで消化。
といっても、ソラで言えるほどではないですが。

最近仕事やプライベートで切実に思うのは、継続は力なりです。

途中でやめては意味がない。やりきらないと。という思いがいっぱいです。

ただ、そういいつも、最近職場での英語力が必要な場面が増えました。

英文もそうですが、喫緊に必要なのは会話力。。。

TOEICが555だったので、最低限のレベルはクリアしているので、
次のステップに進もうと模索中だったのですが、
そこで見つけたのが、カラン・メソッドという超実践型勉強法

ご存知の方もいると思いますが、イギリスのカランさんという人が考え出した方法で、先生が言ったことを繰り返したり、また、先生の質問に答えることをひたすら反復して覚えるというもの。

スピードも速いので、英語に抵抗のある人もそんなことを気にする余裕もないぐらいなのでお奨めのようです。

現在もリサーチ中ですが、もしカラン・メソッドをやるならば、きちんとカランの本社公認のところを選ぶことが大切だと思っています。

一番恐れていることは、どっちつかずになること。
いっそのこと、DUOはお休みするかな。。。


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び
効率的英語勉強法 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。